50代から始める自分磨き

スキンケアをする女性

外見の美容対策

美を目指すのは何歳からでも遅いということはなく、50代で始めたとしても大きな意味があります。

例えば、40代になっても更年期障害やしわ、たるみ等をあまり感じずに来た人でも、50代になったらすぐに老いを感じることが多くなったという人も少なくないようです。

美容外科で治療を受ける

ちょうど40代から50代にかけてはしわやたるみが顕著に現れてくるので、このタイミングで美容外科へ行って何かしらの対策を行う人が多いですね。

その中でも、有名なのがヒアルロン酸やボトックスなどの人工物を入れる方法や、自分自身の肌細胞を使ってしわやたるみを改善する「肌の再生医療」という方法もあります。

人間ドッグなどのメンテナンス

また、自分の体のメンテナンスを行うということも大切です。
例えば、フィットネスクラブに週に2度通って、月に1度歯科で歯の定期検査を受けて、眼科にも3ヶ月に1度、耳鼻科にも半年に1度というもの。

もちろん、年に1度の人間ドッグも欠かさず受けるようになり、地道に体のメンテナンスを続けることで、40代とは異なる自分磨きができるようになるのです。

医療脱毛

他にも、外見の美容対策として医療脱毛を行う50代女性も増えています。

元々、エステ脱毛で長い間時間をかけて脱毛を行ってきた人が大半ですが、医療脱毛とは違い、エステで行う脱毛は永久脱毛ではありません。
そのため、ホルモンバランスの影響で今まではきれいな肌を保っていたのに、急なタイミングで毛が生えてきてしまうという場合もあるのです。

そこで、ムダ毛を完全になくしたいという場合には、医療脱毛をする必要があります。
エステ脱毛よりも金額は高めですが、医療脱毛は専門の資格を持った医師や看護師しか施術ができないからであり、ひとつの医療行為としてみなされているからなのです。

医療脱毛とエステ脱毛の違いとは?おすすめクリニックの比較も

こちらのコラムでは、医療脱毛とエステ脱毛の違い、大手クリニックの比較やおすすめまで記載されているので、医療脱毛を考えている場合は参考にしてみてください。

内面の美容対策

50代の美容は、外見だけではなく内面からも美しくならなければ意味がありません。
主に、食生活や睡眠環境が大きく影響してきます。

食生活

50代に限ったことではありませんが、食生活は人間が生活していくうえで必要不可欠なものです。

当たり前ですが、毎日コンビニ弁当やお惣菜、ジャンクフードばかり食べていれば、いつまで経っても美しく健康な体は維持できませんし、栄養バランスが偏って肌荒れなどの原因にもつながってしまいます。
基本的なことですが、肉・魚・野菜をバランスよく摂取して、1日3食をきちんと継続することで体の内側からの美につながっていくのです。

睡眠

良質な睡眠を確保することで、心身ともに健康を保つことができます。

これは、様々な要因が絡んできますが、まずは睡眠環境を整えるところから始めましょう。
具体例として、寝室のカーテンの色をリラックスできる色に変えてみたり、枕や布団などを自分に合ったものに変えてみると、以前よりもぐっすり眠れるようになる場合が多いです。

また、寝室を適度な温度に保つということも大切。
特に夏場は、エアコンをつけないと寝られないくらい暑苦しい日々も多いですが、温度を高めに設定しておくことで寝冷えを防ぐこともできます。

このように、50代からでなくてもできることはたくさんあります。
日々の自分自身の生活を見直して、できるところから少しずつ始めていきましょう。