こだわりの指輪が欲しいならオーダーメイド

40代の指輪選びのポイント

歳を重ねていくにつれ、肌の調子を気にする女性は多くなるのではないかと思います。また肌の調子と共に、ファッションも選び方が変わってくるでしょう。例えば、若い頃はなんでも着こなせる自信があった人でも、アラフォー世代に突入し、20代のときに使用していた洋服を着てみるとなんとなく似合わない、と感じた方も多いのではないでしょうか。

ファッションという意味では、ジュエリーも同様で、物によっては、身に付けても外見の印象がイマイチ、と感じてしまうことも珍しくありません。

そこで、40代の女性にとってのデザインや指輪を選ぶポイントを紹介します。

上品なデザイン重視

40代女性のデザインにおいて、存在感を引き立てるデザイン性を考えましょう。そもそも魅力のある人とは、どのような人でしょうか。人によって様々な意見がありますが、インパクトがあり、存在感を引き立ててるデザインは、街中を歩けば、通り過ぎていく人の目を惹きつけるでしょう。

若い頃は、全体的にアグレッシブな外見から、自然に存在感を引き立てられている人が多いと思います。一方、歳を重ねるにつれて、落ち着いた印象になってしまうと、存在感は意識して引き出すようにしなければなりません。今までのカジュアルなデザインからフォーマルなデザインを意識的してチェンジする時期ともいえるでしょう。

年齢に合わせて上品さや華やかさも引き立たせるように考慮すると、よりよい存在感を引き出してくれるでしょう。

こだわりの指輪ならオーダーメイド

40代の指輪選びでは、若い層と比較してできるだけ、安定したデザインを選ぶと良いでしょう。普段使いができるシンプルな指輪もいいですが、40代だからこそ、存在感のあるデザインを選んでみてはいかがでしょうか。

晩婚化が進む昨今では、40代で結婚指輪を購入する人も珍しくありません。オーダーメイドの指輪なら、若い人向けではない自分に合ったデザインの指輪を作ることができるのでおすすめです。
結婚指輪・婚約指輪は日本製オーダーメイド専門のTANZO

40代だから目立ってはいけない、という考えをもつ必要はありません。また、とりわけ独創的なデザインを選ぶ必要もありません。周りが見ても違和感をもたれることがないカラーで、積極的に存在感をアピールしましょう。

外出の際は、落ち着いていながら、上品のある素材を選びましょう。ダイヤモンドでは、その輝きもさることながら、色合いからも落ち着いた印象を与えるでしょう。

ほかにも、サファイヤやルビーなども、フォーマルな服装には相性が良いとされています。サファイヤのような青色では、クールな印象を与えため、違和感を与えることはありません。

ルビーの場合では、情熱的な色をもつ赤色であり、アクティブな色合いです。さらに、ジュエリーという点から上品さも併せもった存在感を引きだせるでしょう。